自己破産の流れ

お金に困っている借金について困っている場合はまず弁護士に相談しましょう。弁護士事務所と聞くと中には敷居が高くなかなか相談に行くことができないという人もいるのではないでしょうか。ですが初回の相談は無料で行っているところも多くあり、気軽に相談することができる場所です。借金の現状や収入についてわかるものを相談時に持っていくことでスムーズに相談することができます。

弁護士との相談の中で自己破産が決定すると、弁護士から全ての債権者に受任通知が送付されます。受任通知が送付されると、取り立てや督促などの電話などは全て止まります。自己破産の手続きで必要な書類を準備し、弁護士が作成した申立書と一緒に管轄の地方裁判所に提出します。必要な書類と申立書を提出すると破産申立となり破産手続きが開始されます。この時はまだ債務は残っている状態であり、裁判所からの免責が決定を受けることができて晴れて債務は0になります。

もちろん個人でも裁判所へ直接出向き、破産の申立をすることができます。ただし自己破産の場合は、借金の返済ができない状態であることで破産する原因を全て証明しなくてはならず、破産の審問では弁護士が作成した申立書に基いて債務者に対する審問が行われます。借金の総額と現在の収入などを照らし合わせて支払い不能状態であることを客観的に立証する必要があることから弁護士の介入は必須とも言えます。

≪参考サイト≫弁護士法人アディーレ法律事務所