債務整理とは

弁護士借金の返済に困ったら相談することができるのが弁護士です。弁護士に相談すると債務整理を行い、今後の返済の負担を軽減することができます。具体的には借金そのものを減額したり、支払いに猶予をもたせたりするのですが、弁護士に依頼し債務整理を行うことによって借金の生活から解放されたという人は多く存在します。

弁護士に相談することで行うことができる債務整理ですが、債務整理には大きくわけて4つの方法があります。1つ目は債権者と直接交渉をして借金の減額や支払い期間の短縮などを行う任意整理、2つ目は簡易裁判所で調停委員と一緒に債権者と交渉を行う特定調停、大幅に減額された借金を3年で分割して返済していく民事再生、そして4つ目は裁判所に申立を行い全ての債務を免除してもらうことができる自己破産です。

どの債務整理の方法を選択するのかについては借金の総額や内容、収入の有無、債務者の事情などによって異なり、弁護士に相談することで最適な方法を提案してもらうことができます。また債務整理の中には個人でも行うことができるものもありますが、専門的な知識が必要であったり、債権者と直接交渉をするなど弁護士に依頼する方がスムーズに進みます。

ここでは、債務整理の中でも最終手段とも言える自己破産について紹介させていただきます。自己破産は裁判所から免責がおりると借金が帳消しになるというものですが、メリットだけではなくデメリットもしっかり確認しておくことが大切です。